カラーコードジェネレーター

カラーコードを生成

Generate Name
No Matches Found

Previous Generated Results

カラーコードは生産物の経路であり、コンピューターが一般的に表示する色を表します。

ここで、カラーコードジェネレーターまたはRGBカラーコードジェネレーターは、他のツールと同様に、カラーセットのランダムな組み合わせを生成するツールです。このツールは、 HEX 、 RGB 、 RGBA 、 HSVなどの折衷的な色の組み合わせでアプリケーションのさまざまなランダムな色を作成するのに役立ちます、 CMYK 、 HSL 。さて、これらの色の種類は正確には何ですか?これを簡単に理解しましょう。

カラーフォーマットは、WebデザインのHTMLで重要な役割を果たし、優れたカラーをデジタルで生成します。

HEX:

color HEXは、RGB形式の色を表す16進数の名前で呼び出されます。この形式には、赤、緑、青の3つの値があります。

開発者とデザイナーは、WebデザインでHEXカラーの組み合わせを多用しています。赤、緑、青を含む6桁の数字と文字の組み合わせです。

人である私たちは、カラーコードを想像することはできません。そのために、さまざまなツールがあります。これらのツールを使用すると、アプリケーションの正確な色の組み合わせを確認できます。 カラーコードジェネレーターを検索するだけで、カラーネームジェネレーターのウェブサイトがたくさん表示されます。オンラインツールを使用して、HEXコードをオンラインで作成することもできます。任意の色の組み合わせを選択するか、カスタムカラーを生成します。 16進のコードカラージェネレーターを検索するだけで、多くの結果を得ることができます。

RGB:

実世界では赤、緑、青と呼ばれます。この組み合わせは、テレビ、モニター、スマートフォンの画面など、画面に色を付けるための古典的な組み合わせです。

RGBでサポートされる色の組み合わせは、赤、緑、青に分類される色の組み合わせの数によって異なります。一般的に使用できる色の合計は約 16,777,216 です。 RGBカラーコードジェネレーターをオンラインで見つけて、カスタムカラーを生成できます。

RGBA:

は、アルファチャネルを備えたRGBのような単色の値です。不透明度と透明度を設定できるCSSカラーの1つのタイプ。ここで、アルファ色は不透明度/透明度を表します。 RGBAカラーコードジェネレーターで名前を生成できます。

HSV:

HSLとHSVは、RGBカラーの組み合わせ/モデルの構成です。 HUE、Saturation and Value、3つはHSVのコンポーネントです。これは、最新のRGBおよびCMYKモデルに似ています。 HSVは、よく知られている六角錐体のカラーモデルでもあります。

CMYK:

シアン(c)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)、ブラック(「キー」の場合はk)のカラーモードの組み合わせで、高解像度の画像やグラフィックを作成します設計。 CMYKは4色のプロセスです。

技術的には、純粋なシアン、マゼンタ、イエローを同じ量で追加すると、黒になります。それにもかかわらず、インクに不純物が含まれているため、黒を作成するのは簡単ではありません。そのため、黒は3色で含まれ、RGBの青との混同を避けるために「K」が使用されています。

HSL:

は(色相、彩度、明るさ)を意味し、色のホイールの角度を使用して、現在の色を通知します。カラーホイールを使用する場合は、色を気にせずに番号で伝える必要があります。

  • 0 =赤
  • 60 =黄色
  • 120 =緑
  • 180 =シアン
  • 240 =青
  • 300 =マゼンタ

    彩度:は、色がどれだけカラフルかを知るために使用されます。たとえば、0%は完全な灰色で、100%は完全に着色されています。

    明度:は、色の暗さまたは明るさに使用されます。 0%は色が黒、100%は白を意味します。 50%は、より正確な色を意味します。

    これで、 NameGenTool というカラーコードジェネレータツールを使用して、100%無料でカラーコードを作成する方法がわかりました。または、他のツールをチェックして生成することもできます。カラーコード名の作成に制限はありません。この無料ツールで複数回作成できます。カラーコードを生成してみてください。